概要・レッスン時間・休校日など | サンシャインスクールの特徴 | 校長から 



日本語をおぼえるように、英語をおぼえる。
だから、自然に英語が話せるようになる

サンシャインスクールは、0才から小学生を対象としたこども英会話スクールです。 私たちが「勉強」せずに日本語を覚えたように、子供たちが英語を自然に覚えられるようなレッスンが特徴です。



「えっ?!0歳から??まだ早くないですか?」

言葉は何歳から学んでいると思いますか?
赤ちゃんが言葉を学ぶのはしゃべり始めてからですか? 赤ちゃんは毎日おかあさんやおとうさんなどまわりの人が話しているのを聞いて、言葉を覚えていきます。まわりの人が日本語をしゃべっているから日本語を理解し、いずれは自ら言葉を使うことができるようになります。

言葉には周波数があります。
日本語と英語のそれは異なります。日本語に慣れた耳で英語を聞き取るのが困難なのはこのためです。例えば「L」と「R」の聞き分けなどが苦手です。生まれた時には、すべての周波数に対応できるすばらしい耳を持っているのです。しかし、普段使わない周波数を聴く力はなんと生後6か月から衰えていきます。でも週に1時間でもネイティブ英会話を聞いていると、その能力が維持できるという研究結果が出ています。

だから、0歳でも決して早すぎるということはありません。
成長してからでも習得することはできます。でも苦労します。英語に慣れていないからです。早期からはじめることで耳から英語に慣れ、スムーズに習得することができます。

英語が話せるようになるしくみがいっぱい!!

右脳に刺激しながら英語をおぼえる
0才から6才頃までは「右脳の黄金時代」と言われる時期。脳が急成長する時期が、潜在能力をひきだし、あらゆる能力を身に付ける絶好の機会です。特に言語学習には最適な時期です。サンシャインスクールは、近年解明されてきた脳科学の見地から言語習得のメカニズムに沿って考案したカリキュラム、教材を採用しています。

長時間クラスで大量インプット
日本で英語の環境に身を置くことはなかなか難しいです。だからサンシャインスクールでたくさん英語を聞いてください。言語習得に必要な大量な言語のインプット。それを可能にできるのが、キンディやプリスクールなどの長時間クラスです。

レッスンは100%英語
言語を習得するには、その言語で教える必要があります。英語を日本語に訳して覚えてしまうと無駄な神経回路を使ってしまいます。また、日本語の訳を付けて教えてしまうと、子どもはわからない英語に出会ったとき、日本語に訳してもらうのを待ってしまい、意味を推測する力が養われません。
当スクールでは、英語を英語で理解する能力を身につけることを目的としています。

イベントも盛りだくさん!→イベントのページへ
海外の文化に触れられる絶好のチャンス。いつもと違う雰囲気で先生と楽しくお話できます。またイベントに参加することで、お子さまの英語に対するモチベーションを維持する効果も期待できます。


TOP学校紹介レッスンイベントリンクアクセスお問合せブログサイトマップ